外国人パートナーと幸せになるために気をつけること

国際恋愛

ブログや記事などでは外国人異性の出会い方や告白の仕方などたくさんありますが、個人的には付き合うことがゴールではなく、単なる始まりということです。私の実体験で外国人異性と付き合う上で大切なことをお伝えします。

けんかは悪いことではない

一緒に過ごすようになりある時、意見がぶつかってけんかや口論に発展するかもしれません。けんかや口論はできるだけ避けたいと思うかもしれません。もちろんけんかがない方がストレスがなく良いと思いますが、そうはいっても自分の意見を言わず黙っていて自分のストレスを溜めるのは良くありません。素直に自分の嫌なことは嫌と伝えた方がいいです。黙っているだけでは、伝わらないですし改善にも繋がりません。

私の場合基本自分は感情をあまり表さないタイプでよく、何を考えているかわからないと思われていました。しかし、長く付き合うには自分の事をさらけ出し、相手にもっともっと知ってもらわないといけないと思いました。やはり付き合ってからパートナーの事をもっと知りたくなりますよね。どんな時に嬉しいのか、楽しいのか、怒るのか、悲しいのか、自分の感情を伝えることが大切です。

違うということはあたりまえです

国が違えば文化や風習が違ってきますよね。また、肌の色や喋る第一言語なども違ってくると思います。時には理解できないこともあると思いますが、お互いを尊重し合う時が大切です。

連絡をこまめにとる

日本人同士で付き合ってる場合1日に数回しか連絡を取らなかったり仕事中は連絡取らなかったりしませんか?

私も以前はそうでした。しかし、これはNGです。
もちろん仕事が忙しければ返信できないと場合もあると思いますが、忙しいなら忙しいから後で連絡するとか言った方がいいです。
返信しなかったら忙しいのか、それとも何してるかと相手を心配してしまうからです。

また返事はしないけどツイッターなどを更新したりしませんか?これもNGです。SNSなどする時間があれば連絡してよと言われると思います。

なぜなら、海外でと恋人でも家族と同様のように扱われます。日本では仕事が第1ということは問題ありませんが、海外では家族を重視する傾向があります。そもそも残業などせず真っ先に帰るのが普通です。
私の場合以前会社で働いている時上司や先輩に仕事を終わりによく誘われ飲みに行く機会が結構ありました。何だかんだ帰りが0時とか遅くなってしまう場合がありますが、仕事の付き合いだからただ連絡をすれば大丈夫だと思ってましたが、パートナーは激怒します。異性と2人で飲みに行ったのかとか問われたりすると思います。やはりパートナーは1日できるだけ一緒に過ごしたいと考えているため仕事が終わったらすぐ帰ることを望んでいる傾向が強いと思います。

基本的に外国人パートナーと付き合ったらこまめにコミュニケーションをとり出来るだけ一緒に入れる時間を作るといいでしょう。

また付き合ってから異性の友達と出かけるのはあまりおすすめしません。もしどうしてもその異性が親友で出かけたい場合はパートナーと一緒に出かけたり紹介をするのがベストでしょう。嫉妬され、けんかの原因になります。

同棲をする

同棲すると相手の嫌なことが見えておすすめしないという人もいるがむしろした方が良いです。

なぜなら、その人の全てを含めて好きになった方が長続きするからです。もしパートナーのことを知らず付き合い、その後結婚してから同棲するともちろん嫌なことが見つかると思います。しかし結婚した後ではなかなかそこから違うと思っても別れたりするのは大変です。(精神的にも)

家事などは分担もしくは家事代行サービスなどを利用
日本でも当たり前になってきましたが基本的に家事などは分担した方がいいと思います。男性だからしなくていいとか、女性だからしなければいけないとか考えをお待ちでしたら捨てた方がいいです。
もしどちらかがやらなかったりすれば必ずけんかの種になります。

日本では家事代行というと抵抗がある方がいると思いますが、海外では家事代行サービスを利用する割合は日本より多いです。国によって値段は変わってくると思いますが、東南アジアですと比較的安く利用できます。

出来るだけ一緒にいる時間を作るため利用するのをおすすめします。

遠距離距離を乗り越える

一緒になるということはどちららかの生活拠点に合わせないといけないと思います。
2人ともフリーランサーなどで拠点を選ばず仕事ができるのであれば問題ないですが、そのような例はあまりないでしょう。

そういった場合現在の仕事も辞め一緒に暮らすために引っ越さなければならないでしょう。

さすがに仕事を辞めるためには勇気と時間が必要だと思うので、遠距離恋愛を乗り越える必要があります。

そのためメールや電話をこまめにする必要があります。

私の場合
おそらく日本の企業で働いていたときのように仕事第1に考え、外国人パートナーと付き合うのは無理とわかり、もともと独立しようと思ってたので、思い切って独立を決めました。

仕事をやめ、生活を移すことは勇気が必要ですがマイナスではないと思います。

総括

時間は有限なのでまずは自分のことを考えて、一緒にいることでプラスになることが大きければ付き合ったり、そこから結婚するといいかもしれません。

私の場合私の挑戦することに対していつもポジティブに捉え応援してくれるのでとても心地いいので一緒にいれます。
もちろん嫌なことが多々ありますが、今の私の働き方を肯定してくれるためとてもかけがいのない存在です。

もし現在日本人でも、外国人でも異性のパートナーがいる方はまず、嫌なことがあったからすぐ別れるのではなく、まずはじっくり将来を考えてみてはいかがでしょうか。
外国人の恋人を作る前にこれらのことを注意しとけば、早く打ち解けることができると思います。
ただ実際に外国人と付き合ってみないとわからないことがある多々あるので、まずはとりあえず付き合ってみることが大切だと思います。

もし外国人パートナーと問題など抱えてる方、これから外国人パートナーを作ってみたい方で悩みなどありましたらコメントなど頂けましたら幸いです。

この記事が参考になったり役に立ちましたらSNSなどで拡散していただきますと幸いです。

この記事を書いた人
Y-mac

新卒で大手金融機関に就職
その後海外のIT企業に転職
現在はファッションバイヤーをやってます

Y-macをフォローする
国際恋愛
Y-macをフォローする
fashion×travel×finance

コメント